大阪・江坂を拠点とする物流センター「豊田産業株式会社」の会社案内

会社案内COMPANY

社長挨拶

代表取締役 玉城明

想い

私どもの会社の前身は、創業者である前社長が沖縄の小さな島(古宇利島)から大阪へ移住し、当時田園地帯だった吹田市の江坂で乳牛100頭余りを飼育する牧場を経営しておりました。

その後、1970年に吹田市で開催された万博への路線(北大阪急行)の開設により近くに江坂駅が出来たことによって、周辺地域が目覚ましい発展を遂げました。

それを機に牧場経営から貸倉庫、物流事業(営業倉庫や運送事業)へと事業転換をし、そして貸ビル事業等にも進出して現在に至っております。

私で二代目になりますが、先代社長の教えの「お得意先の信頼を何より大事にし、内に於いては社員を家族と心得、ひいては社員の家族にも思いを致し、感謝の心を基とし、分に合わせての社会貢献をする」と言うシンプルな理念を引き継いで、社員一同と共に、お得意先のお役に立たせて頂けるよう日々切磋琢磨致しております。

文明の思恵とも言うべき現代のあり余り溢れかえる「物」に囲まれるだけでは、真の幸せは無いと誰もが感じる昨今でございます。

そのような現状に改めて「信頼と感謝、人の心のつながり、社会貢献」そして次世代に美しく豊かな環境を残せるように、後世の為にも「少欲知足」を心がけなければならないと常に思っております。

他を省みず自己の利益の追求に傾倒しがちな世情ではございますが、このような時世にこそ、「自利利他」の精神を忘れることなく、一層誠実な事業運営を心がけなければならないと考えております。

これからもお得意先の信頼を得、お得先の業績の向上に貢献させて頂けるよう、日々研鑚努力を続ける所存でございます。よろしくお願いを申し上げます。

代表取締役 玉城明

Copyright © 豊田産業株式会社 all rights reserved.

PAGE TOP